西湘ホール 葬儀スタッフブログ

~ 想いの継承 ~


こんにちは。西湘ホールの金子 理紗です。
まもなく、季節の大きな節目"立冬"をむかえます。
『立』には、新しい季節になるという意味があるそうです。
暦の上では、立冬から立春までが「冬」の期間となります。

せっかく"四季"のある日本にいるのですから、
その季節折々を存分に楽しみたいですね。

さて、今回は納棺の儀式について触れてみたいと思います。

先日、お父様のご葬儀のお手伝いさせていただいた
ご長女の方とお話しをする機会がありました。
納棺式に立ち会われたのが初めてのことで
「あたたかな最期の時間を過ごせた」とのこと。
また、「納棺師による綿花装飾も、感慨深かった」というお声をいただきました。

核家族化で、ご葬儀に参列される機会や
納棺の儀式に立ち会うことも減ってきていると思います。

ご葬儀に携わる者として、私たちサン・ライフでは、
『想いの継承』を大切にしております。
納棺式は、ご家族皆様のお手伝いのもと、
旅のお支度を整え、最後のお休み処となる
お棺へおやすみいただく儀式です。
故人様とご家族が触れ合える最期の大切なお時間です。

今後も、私たちはサン・ライフでは
儀式の中で"想いの継承"をしていただけるよう
しっかりとお手伝いしてまいります。

西湘ホールでは、
11月22日(水)10:00より終活ご葬儀展示会を開催いたします。

家族葬などご葬儀事情の全体説明だけでなく、
個別でのご相談も承ります。
スタッフが親身になってお話を伺いますので、
気になることがございましたら、お声かけください。

皆さまお誘いあわせのうえ、是非ご来館くださいませ。

スタッフ一同 お待ちしております。

私の周りでも、カゼひきさんが ちらほらと...
季節の変わり目は体調を崩しやすい時期ですので
どうかご自愛くださいませ。

西湘ホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫
R_kaneko.jpg
西湘ホール支配人 金子 理紗

施設や詳細が不明な場合はこちら

フリーダイヤル0120-41-3140

ページ上部へ