よくあるご質問

仏壇・法事に関する質問

ご葬儀の後、どのように供養していったらいいですか?
仏式の場合、ご宗派にあわせたお仏壇をご準備し、ご供養いただきます。
サン・ライフでは、直営のお仏壇専門店であるサカエヤ仏壇店にて お客様のご希望にあわせたお仏壇やご供養の品をご準備させていただきます。ページ上部へ
宗派の違う位牌を同じ仏壇に納められますか?
可能です。日々のご供養は、ご家庭の現在のご宗派にあわせて行って差し上げてください。
宗教形式はどうであれ、ご自分達が生かされているのもご先祖様のおかげであるという感謝の気持ちを持って、差別なく供養していくことが大切です。ページ上部へ
古い仏壇なので、先祖の位牌がたくさん入っていて、新しいものを入れる隙間がないのですが?
古いご先祖様は過去帳に書き写すとともに、繰り出し位牌などをご利用下さい。
新しい仏様のために、お仏壇のクリーニングや買い替えもご検討いただけます。ページ上部へ
自宅に和室が無いので、仏壇を置く場所がないのですが?
ライフスタイルの変化に応じて、お仏壇の形も様々なタイプがあります。
家具風で洋間においても違和感のない形状のものや、家具の上における小さめサイズのものなど、お客様のご希望によりお選びいただけます。
サカエヤ仏壇店なら、常時100本の商品展示の中から専門のスタッフがご提案させていただきます。お気軽にご来店下さい。ページ上部へ
葬儀の後、初七日や四十九日は必ず行わなければいけないのですか?
初七日法要に関しては、ご葬儀当日にあわせて行われるケースが多くなっています。
四十九日に関しては、ご葬儀後の大切な供養の日とされていますので、規模や場所に関わらず、行われることをお勧めします。
お寺様を招いての儀式として行う方もいらっしゃれば、家族だけで会食会として行う方もいらっしゃいます。形式に囚われず、追悼の気持ちを大切にお過ごしいただければと思います。ページ上部へ
四十九日の法事と埋葬は一緒に行うべきですか?
墓所にご埋葬する時期に関しては、明確な決まりはありません。四十九日法要を行う場合に、ご親族様が集まられることから、一緒に埋葬される方が多いのが実情です。
まだ墓所を決められていない方はもちろん、お気持ちの整理をされるまで、時期を置いて埋葬される方も多くいらっしゃいます。ご家族様でご相談され、ふさわしい日取りでお決めいただくのがよいでしょう。ページ上部へ
一覧へ戻る
ページ上部へ