よくあるご質問

墓地・埋葬に関する質問

墓地は子供が用意するべきですか?
お子様がご準備される場合も、ご自身でご準備される場合もございます。
ご自身がお入りになるお墓を生前に自分で選び購入することができます。
その場合、墓地(永代使用料)だけを購入する方もいらっしゃいますし、墓石も建てて残すところは彫刻するだけという方もいるようです。ご自身のためだけではなく、残された家族の苦労を軽減させることにもなるので、事前にお墓(墓地)を購入される方は増えております。 ページ上部へ
お墓の購入をしないで、お骨を預かってくれたり、供養してくれる所はありますか?
納骨堂・合祀墓・永代供養墓など、永代にわたり供養・管理をしてくれるお墓があります。
また、自然葬といって海や山へ散骨される方もいらっしゃいます。 サン・ライフでは、墓地購入から改葬、納骨堂のご紹介、合祀墓のご利用、散骨までお客様のご希望にあわせたご埋葬の形をご提案いたします。
今後のご供養の方法や考え方をご家族様でよくお話し合いの上、お決めいただきたいと思います。ページ上部へ
戒名も付けずに納骨ができますか?
お寺と霊園とでは状況が変わります。
お寺様の境内墓所にご埋葬される場合には、そちらのお寺様に戒名を授けていただいた上でご埋葬いただきます。
市営などの霊園への埋葬の場合には、生前のお名前(俗名)でのご埋葬も可能ですが、お寺様とのお付き合いは大事にされた方が良いと思いますので、よくご相談いただいてお決め下さい。ページ上部へ
墓所を見てくれる跡取りがいないので心配です。どうしたらいいでしょうか?
合祀墓、永代供養墓など、集合型の墓所をご利用される方もいらっしゃいます。
近年数多く寄せられるご相談ですので、どの霊園であってもほぼ必ず設置されています。
ご費用や期間など霊園の規則により異なりますので、事前にご確認されることをお勧めします。ページ上部へ
自然葬ってどんなことですか?
自然葬とは、海や山等の自然の中へご遺骨を埋葬する葬法の一つで、散骨の別称として用いられます。
埋葬の一形態を示す表現ですので、ご逝去から火葬までのご葬儀自体は別に行うべき内容です。
ご遺骨を分骨し、その一部を自然葬として行うこともできます。
散骨される場合には、ご遺骨をパウダー状にする工程(粉骨)が必要です。サン・ライフでは粉骨から実際の散骨まですべて承ります。ページ上部へ
海への散骨はどのような宗派でもできますか?
宗派は問いません。船の中ではお線香は上げませんが、献花を致します。 ページ上部へ
海の散骨は法律的には大丈夫ですか?
海の自然葬について、法務省と厚生労働省は埋葬のための祭祀として、節度を持って行われる限り問題はなく、また墓地、埋葬に関する法律は、ご遺骨を海にお還しすることを禁止したものではないとの見解を示しています。そのため法的には問題ございません。ページ上部へ
菩提寺があるのに散骨をすることができるのでしょうか? 菩提寺との付き合いはどうなるのですか?
ご遺骨の一部を墓地に納骨してあれば、ご寺院様とのお付き合いも今まで通りで問題ございません。
一部の散骨であれば、お寺様のご法要も一般的な形で出来ると思います。ページ上部へ
お墓が無く、ご遺骨の一部を家に置きたいのですが?
喉仏、または粉末化したご遺骨を専用の容器に入れてお守りすることもできます。
サン・ライフでは、ご自宅用の手元供養品や分骨埋葬用の分骨壷もご手配いたします。ページ上部へ
自然葬を行うにあたって、ご遺骨を事前にお預けしたいのですが?
当社専門スタッフが事前にお伺いさせて頂き、ご遺骨を大切にお預かり致します。
尚、別途距離数に応じた輸送費用がかかりますのでご了承ください。。ページ上部へ
一覧へ戻る
ページ上部へ