神奈川・東京エリアにお住いの皆様へ
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。
スタップ
24時間365日いつでも安心

0120-31-4088

  • お急ぎの方
  • ご相談のみも可

梵字(ぼんじ)について

2017.09.29 小田原式典総合ホール, コラム

みなさん、こんにちは、
小田原式典総合ホールの永田 彩乃です。

ついこの間まで暑い日が続いたのに、
ここ数日で急に涼しくなりましたね。

季節の移り変わりは風邪をひきやすいので
皆様も気を付けてください。

さて、秋の彼岸の頃
小田原式典総合ホールの預骨堂にも
多くの方がお参りにいらっしゃいました。

お骨壺と一緒にお位牌を
納めていらっしゃる方もいるのですが、
お位牌に「梵字(ぼんじ)」
入っているのを見かけました。

梵字自体は何度も見たことがありますが、
今まであまり気にしてきませんでした。

どういったものなのかも知りませんでした。
気になったので、少し調べてみます。

梵字とは、古代インドで使用された文字だそうです。

mt115.png

ブラーフミー系文字を漢字で表したものだそうで、
ブラーフミーは「ブラフマー(梵天)の創造した文字」を意味します。

ブラフマー(梵天)とは仏教の守護神の一柱です。
お釈迦様が悟りを開いた後、
その悟りを広めることをためらったそうですが、
その悟りを広めるよう勧めた神様だそうです。

もともとはインドの神話の神様だったのが
仏教にとりいれられました。

宇宙を創造した神聖な知性を人格化したものだそうです。
インドではそれまで文字がなく、
仏の教えはすべて口伝えで伝わってきたそうです。

この文字が生まれたことにより、
書物による伝承がはじまりました。
その後色々な変化を経て日本に伝わったそうです。

梵字の意味とは
昔、インドの経典は梵字で書かれていたことから、
日本で文字自体が神格化しました。

梵字一文字一文字が仏・菩薩を表すとされており、
不思議な力があると考えられています。

特に干支を表す梵字には特別な意味があり、
自分の干支を現す梵字を身につけることで、
ご守護を授けられると言われています。

お位牌に梵字が書いてあったのも、
梵字一文字でそれぞれの宗派のご本尊
表したりしているそうです。

もちろん、お位牌に梵字を入れたり、入れなかったりは、
地域やお寺、ご宗派などによっても異なります。

みなさんもこの機会に梵字について
意識してみてはいかがでしょうか。

さて、小田原式典総合ホールでは
10月1日ご葬儀展示会があります。

館内の見学はもちろん、セミナー方式で
終活や家族葬についての説明、
また個別の相談などを承っています。

みなさんのご来館、心よりお待ちしております。

小田原式典総合ホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫
小田原市の斎場・葬儀場を探す方はこちらから≫≫

A-nagata.JPGのサムネイル画像
小田原式典総合ホール  永田 彩乃

サン・ライフの各葬儀プラン

  • お別れ式プラン

    宗教者による儀式を伴わない、お別れのみを行うプラン。
  • 1日葬プラン

    通夜式を行わず、葬儀告別式のみを行うプラン。
  • 家族葬プラン

    ご家族やごく親しい友人の方など近親者のみでお見送りするプラン。
  • 一般葬プラン

    ご一般の方もお招きし、格調高い白木祭壇にてお別れするプラン。
  • 無宗教葬 プラン

    宗教や形式にとらわれない自由なお別れ(無宗教葬・自由葬・音楽葬)
  • 散骨(自然葬)

    ご葬儀後、遺骨を海や山へ還すセレモニー
  • 大規模葬

    社葬・合同葬・団体葬など大規模なご葬儀をお考えの方へ

関連したコラム

おすすめコラム

アクセス数が多いコラム

一覧へ戻る