神奈川・東京エリアにお住いの皆様へ
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。
スタップ
24時間365日いつでも安心

0120-41-3140

  • お急ぎの方
  • ご相談のみも可
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。

お悔やみの言葉

2019.07.26 八王子滝山ファミリーホール

ジメジメと鬱陶しい梅雨が明け、いよいよ夏到来です。
皆様、いかがお過ごしでしょうか? 滝山ファミリーホールの林です。

この仕事を始めて1年が経ち、TVドラマなどのご葬儀場面の設営や
台詞ばかりが気になってしまいます。
そこで今回は、お通夜やお葬式の場で、身近な人を亡くし、
気を落とされている方へかけるお悔やみの言葉についてお話しします。

ご冥福をお祈りいたします
この言葉は、当たり前に耳にしている言葉ではありますが、ふと気になり調べてみました。
ご冥福の「」の意味は「冥土(人が死んだ後に行く世界のこと)」を、
」は「幸せ」や「福を招く」という意味を持っています。
『ご冥福をお祈りいたします』とは、
死後の幸福をお祈りいたします」もしくは「死後の世界に無事に行けますように
という意味を持った言葉ということになります。
そのため「ご冥福をお祈りいたします」というお悔やみの言葉は、
ご遺族に対して使われる言葉ではなく、故人に対して使う言葉になります。

ここで気をつけることは故人の宗教宗派です。
普段あまり意識して生活していませんがご葬儀となると宗教・宗派というものが関係してきます。
ご冥福」という言葉は、「キリスト教」「神道」「浄土真宗」では使わない言葉となります。
なぜなら、「冥福」という考え方がないためです。
キリスト教の考えは、死後は神様のお側に行けると言うことで、
死は祝福するべきこと、誰もが天国にいけるのです。
そのため、キリスト教ではお悔やみの言葉はありません。
故人にかけるとしたら
安らかなる眠りをお祈り致します
 天に召された(故人の名前)様の平安をお祈りいたします
 寂しくなると思いますが、神さまの平安がありますように』というような言葉です。

日本最大の宗派である浄土真宗においては、「浄土往生」の考えがあります。
「浄土往生」とは、亡くなった直後に仏様となり、
幸せになっているという考えのことを指します。
そのため、「死後浄土への道に迷い、幸せになれないかもしれない」
という意味のお悔やみの言葉は、失礼にあたります。
ご参列の際には『謹んでお悔やみ申し上げます』が正しい言葉ですね。

「追悼の意を表します」は、
「亡くなった方のことを思うと悲しくて胸を痛めています」という意味ですが、
書き言葉であって話し言葉ではありません。
こちらは主に弔電(電報)で使用されております。

故人様とのお別れに失礼があると後々まで気にしてしまいます。
ご葬儀は時代の流れとともに移り変わりゆくものと思いますが、
昔からの伝統やしきたりといったものを軽んじるのではなく、
知識として知っておくことで故人様や遺されたご家族様の想い
寄り添うことができるのかもしれません。

さて、滝山ファミリーホールでは
8月18日(日)10:00より ご葬儀展示会を開催いたします。
個別のご相談や、ためになるセミナー、お通夜料理のご試食などございますので、
是非お越しいただけると幸いです。

ご予約・お問い合わせは 042-645-0311 まで。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。
みなさまのご来館をお待ちしております。

八王子滝山ファミリーホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

滝山ファミリーホール 林 千鶴
一覧へ戻る