神奈川・東京エリアにお住いの皆様へ
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。
スタップ
24時間365日いつでも安心

0120-41-3140

  • お急ぎの方
  • ご相談のみも可
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。

忌中の間の家族の過ごし方、あなたは知っていますか?

2020.03.25 ファミリーホール二宮

 

みなさま、こんにちは、ファミリーホール二宮の山下 隆二です。
今年度も、もうすぐ終わりです。月日が経つのは本当にはやいですね。

12月のブログで喪中と忌中についてお話をさせていただきました。

喪中とは一般的に一周忌を迎えるまでの期間を指します。
また似た言葉で「忌中」という言葉がありますが、
これは七七日(49日)を迎えるまでの期間を指します。
意味合いはほぼ同じですが、忌中の期間を過ぎたら、
残された方々も普通の生活の戻っていくようにしていく節目ともいわれています
というような内容でした。

では忌中の間は残された方々はどのように過ごしていくのでしょうか?

あるお寺様は、
「忌中の間でのお焼香は自分の生き方を見つめる意味合いです」とお話をされていました。

先月のブログでの精進について触れましたが同じ意味あいだと感じました。
つまり故人様のことを想いながら自分自身を見直す機会だと思います。
それだけ大事な時間だということです。

当ホールではご葬儀・法事等について事前相談を行っております。
また、サン・ライフは冠婚葬祭の他、介護事業保育・専門学校などの事業も行っております。
何かあれば是非当ホールへご一報ください。

ホールスタッフ 一同お待ちしております。

法事法要について

 

ファミリーホール二宮の詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

Yamasita.jpg

ファミリーホール二宮 支配人 山下 隆二

一覧へ戻る