八王子南口総合ホール 葬儀スタッフブログ

納棺の儀


皆様、こんにちは。
未だ寒さが続きますが、だいぶ日が伸びてきました。

さて、今回はご葬儀の中の納棺についてお話していこうと思います。
納棺とはお通夜の前に親族の皆様で故人様をお棺にお納めする儀式です。
納棺を行う前に湯灌(ゆかん)と言って故人様のお身体を洗い、清めます。
その後49日までの安らかな旅路を祈りながら旅支度を整えるご宗派もございます。
そしてお棺にお休み頂きます。
その際、生前に故人様が愛用されていた衣類など納めていただきます。
現代では火葬となりますので、燃えないものはお入れすることができません。
以上が納棺の儀の流れとなります。

当社サン・ライフでは、納棺の儀の際に故人様のためにお手伝いできることはないかと考え、
男性でしたら羽織袴のお姿に、女性でしたら白無垢のお姿に。
白い綿をお身体の上から当てさせていただき実際に
羽織袴、白無垢のお姿を着ている用に整えさせていただいております。
故人様が安らかに旅立てるように精一杯お手伝いさせていただきます。

八王子南口総合ホールでは事前・生前相談を随時承っております。
もしご希望の方がいらっしゃいましたら事前にご連絡いただければ幸いでございます。
皆様のご来館心よりお待ちしております。



八王子南口総合ホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

八王子南口総合ホール 支配人 倉田 龍之介
TEL 042-620-4555

施設や詳細が不明な場合はこちら

フリーダイヤル0120-41-3140

ページ上部へ