よくあるご質問

散骨(自然葬)に関するご質問

自然葬ってどんなことですか?
自然葬とは、海や山等の自然の中へご遺骨を埋葬する葬法の一つで、散骨の別称として用いられます。
埋葬の一形態を示す表現ですので、ご逝去から火葬までのご葬儀自体は別に行うべき内容です。
ご遺骨を分骨し、その一部を自然葬として行うこともできます。
散骨される場合には、ご遺骨をパウダー状にする工程(粉骨)が必要です。サン・ライフでは粉骨から実際の散骨まですべて承ります。ページ上部へ
海への散骨はどのような宗派でもできますか?
宗派は問いません。船の中では安全面からお線香は上げられませんが、献花を致します。ページ上部へ
海の散骨は法律的には大丈夫ですか?
海の自然葬について、法務省と厚生労働省は埋葬のための祭祀として、節度を持って行われる限り問題はなく、また墓地、埋葬に関する法律は、ご遺骨を海にお還しすることを禁止したものではないとの見解を示しています。そのため法的には問題ございません。ページ上部へ
菩提寺があるのに散骨をすることができるのでしょうか? 菩提寺との付き合いはどうなるのですか?
ご遺骨の一部を墓地に納骨してあれば、ご寺院様とのお付き合いも今まで通りで問題ございません。
一部の散骨であれば、お寺様のご法要も一般的な形で出来ると思います。ページ上部へ
お墓が無く、ご遺骨の一部を家に置きたいのですが?
喉仏、または粉末化したご遺骨の一部を専用の容器に入れて自宅でご供養することもできます。
サン・ライフでは、ご自宅用の手元供養品や分骨埋葬用の分骨壷もご手配いたします。
身につけられるペンダントタイプの物などもございますのでご相談ください。 ページ上部へ
自然葬を行うにあたって、ご遺骨を事前にお預けしたいのですが?
当社専門スタッフが事前にお伺いさせて頂き、ご遺骨を大切にお預かり致します。
尚、別途距離数に応じた輸送費用がかかりますので、ご了承ください。ページ上部へ
ご遺骨を海にお還しするには日程などの決まりはありますか?
特に決まりはございませんので、ご葬儀後の希望する日程でできます。
ただし、当日が悪天候の場合、安全性から出航出来ない場合もございますので、ご了承ください。ページ上部へ
海ならどこでも執り行えますか?
陸から5海里(約9.3km)以上離れたところと指導されていますが、弊社では特に相模湾沖6海里(11.1km)以上にて、故人の生前のご意志と、故人を追悼するご遺族様の想いを大切にして自然環境を破壊しないよう節度を持って、お手伝いさせていただきます。
また、特にご希望の場所があればできる限り対応をさせて頂きます。ページ上部へ
船上での所要時間はどのくらいですか?
約1時間半~2時間となります。
ご事情によりご家族が立ち会えない場合は、委託代行自然葬も承っております。ページ上部へ
海の自然葬には黒色の服装を着るのですか?
服装について特に決まりはありません。乗船時の機能性を考え、服装は平服スタイルでもよろしいかと思います。また、船上では滑ることもございますので、靴はゴム底の靴をご準備下さい。ページ上部へ
万が一、船上での事故があった場合など保険はあるのですか?
安全第一で航行しておりますが、万が一船上で事故等が起こった場合には、保険の適用がございます。
なお、当社の専用船は揺れも小さく、快適にご利用いただけます。
また、安全な航行が不可能と判断される天候の場合、やむを得ず日程を延期させていただくケースがございますので、ご了承ください。ページ上部へ
年忌法要などの際、お参りはどうすればいいのですか?
ご遺骨の一部だけを海にお還しされた場合はお墓へのお参りをされているお客様が多いようです。
一方、ご遺骨の全てを海にお還しされた場合は、弊社では自然葬施行後、証明証を発行し海図にてお別れの場所を明記しておりますので、ご要望があれば、その地点での一周忌、三回忌、七回忌のお参りをすることもできます。また普段のお参りに関しては海へ向かって手を合わせる方が多いようです。
実際、ご法要として出航される方も多くいらっしゃいます。ページ上部へ
一覧へ戻る
ページ上部へ