社葬・団体葬

社葬・合同葬~企業の想いを大切にした最上級のサービス~

地域最大級の広さと設備を誇る自社斎場で、ご来賓者・ご弔問者にご満足いただける最高のおもてなしをご提供いたします。株式会社サン・ライフ

社葬・合同葬の目的

①社葬の対象となる方とのお別れをきちんと行い、故人・関係者の「想い」を伝え合う。②社葬を通じ、社葬の対象となる方と事業を引き継ぐ方との敬称を対外的に明確にし、当該企業とお取引先や従業員の皆様など、ご関係者との今後の関係を確認する。③適正な手続きを取ることで、ご遺族様や当該法人の税務面での負担を軽減させる。

社葬・合同葬までの流れ

社葬・合同葬までの流れの一例をご紹介いたします。ここでは、火葬後からのスケジュールを想定。
ご葬儀は近親者中心に密葬や家族葬の形式で行い、本葬を社葬・合同葬として執り行います。
(火葬まではこちら

主催者・葬儀委員長の決定⇒ご案内状の準備、式次第案検討、新聞広告掲載など⇒式次第完成、ご案内状発送⇒祭壇・お清め料理検討、遺影写真・引物の決定、追悼の辞・謝辞完成、全体進行打ち合わせ⇒最終確認、司会者との進行確認⇒リハーサル⇒社葬・合同葬本番

社葬と合同葬について

社葬・合同葬は、一般的な葬儀に比べ会葬者も多く、多くの場合で大規模な葬儀が執り行われます。
また社葬は、業界関係者が会する大きな行事となり、企業のプロモーションや新体制の組織力アピールなど、葬儀本来の目的とは別に、企業にとっても非常に重要な目的と意義をもった一大イベントとなります。


合同葬も社葬と言う大枠の中に区分されますが、ここでは、企業と遺族が合同で葬儀を執り行う事、または複数の企業・団体が合同で葬儀を執り行う事を「合同葬」と呼んでおります。

税法上の取扱いについて

社葬費用の会社負担額に関する法人税基本通達では、以下のように認められております。

法人が、その役員又は使用人が死亡したため社葬を行い、その費用を負担した場合において、その社葬を行うことが社会通念上相当と認められるときは、その負担した金額のうち社葬のために通常要すると認められる部分の金額は、その支出した日の属する事業年度の損金の額に算入することができます。

尚、会葬者からの香典などを法人の収入とした場合は課税の対象となりますので、注意が必要です。
詳しくは当社専門スタッフにお問い合わせください。

大規模葬に最適な施設のご案内

社葬・合同葬のご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ。フリーダイヤル0120-41-3140、24時間365日受け付けております。株式会社サン・ライフ 社葬・合同葬担当
ページ上部へ