よくあるご質問

ご逝去の際の質問

病院に入院しているのだけれど、もし亡くなったとしたら、何から手をつければいいんだろう?
まずは落ち着いて、近しいご家族様にご訃報をお伝え下さい。
病院では、お亡くなりになられた後にご処置と清拭をしてくださいますので、その間にサン・ライフへお電話下さい。
サン・ライフでは、365日24時間体制にてお客様のお電話を受け付けております。もしもの時には、フリーダイヤル 0120-41-3140 (ヨイサイジョウ)へご連絡ください。深夜であっても即座に対応させていただきます。ページ上部へ
自宅にて療養中。自宅で亡くなった時にはどうしたらいいの?
ご自宅にてご逝去された際、かかりつけのお医者様がいらっしゃる場合には、その先生にご連絡して下さい。
先生による診断後、正式に死亡確認をされた後に死亡診断書を発行していただきます。かかりつけのお医者様がいらっしゃらない場合や急なご逝去の際には、119番で救急車を呼んで下さい。
駆けつけた救急隊員に確認していただきながら、その指示に従って下さい。その後、110番で警察にご連絡して下さい。
急なご逝去の場合などは、警察と監察医による検死が法律で義務付けられています。検死と必要な検査の後に、監察医より死体検案書が発行されます。死体検案書と死亡診断書の効力は同一です。
※検死に伴い寝台車の手配が必要な場合がありますので、その際にはご葬儀施行を含めサン・ライフに依頼する旨をお申し出下さい。ページ上部へ
亡くなったら、すぐに迎えに来てくれるの?
お電話いただいた後に、すぐにお迎えの寝台車の手配をし、お迎えに伺います。
道路事情や距離にもよりますが、おおむね一時間程度にて到着できるようにご準備します。深夜であっても、すぐに対応させていただきます。ページ上部へ
病院で葬儀社を手配してくれるっていっているけど、断っていいのかな?
大きな病院では、「院内業務」を行う葬儀社と提携している場合があります。
この場合、病院内での業務(霊安室へのお体の移動等)を委託されているだけで、その後の葬儀依頼をその葬儀社にしなければいけないということではありません。
事前に依頼する葬儀社が決まっている場合には、その旨をはっきりとお伝えした上で、依頼先にご連絡してください。ページ上部へ
病院への費用の支払いは、亡くなったらすぐにしなければいけないの?
通常、ご不幸による死亡退院の場合には、入院費等の支払いは後日改めて行うケースが多いです。
お帰り時に、医師や看護士の方にお礼をし、後日お伺いする旨をお伝えすればよろしいかと思います。
ただし、お亡くなりになられた方とお帰りになる際には、病室の私物などは一緒に引き上げるようになります。お迎えに伺うサン・ライフ職員の車でお運びすることも可能ですので、ご安心下さい。ページ上部へ
病院から帰るときの車の手配は?
お迎えにあがる寝台車にはお亡くなりになられた方の他、2名様のご同乗が可能です。
タクシーなどの手配もその場でいたしますので、お申し付けください。ページ上部へ
亡くなったら、すぐにお葬式の準備をしなければいけないの?
いいえ、すぐにすべて手配する必要はありません。病院からまずは一旦、亡くなられた方をご自宅や葬儀場へお連れして、その後の手配やスケジュールを一つ一つ決めていきます。ご家族様にとっては慣れないことで不安もあるでしょうが、サン・ライフの葬祭プランナーがしっかりとご説明しながらご準備いたしますので、ご安心してお任せください。ページ上部へ
一覧へ戻る
ページ上部へ