神奈川・東京エリアにお住いの皆様へ
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。
スタップ
24時間365日いつでも安心

0120-31-4088

  • お急ぎの方
  • ご相談のみも可

家族葬とは?流れと費用について

昨今では一般的なご葬儀の形式のひとつとなっている「家族葬」ですが、皆さんは実際に「家族葬」の事をどのくらい知っていますか?
このページでは、よく耳にする「家族葬」というご葬儀の形式について、その定義や流れ、メリットやデメリットなどについてご案内します。株式会社サン・ライフは、家族葬に最適なご葬儀式場をすべての直営斎場に完備しており、ご希望にあわせたあらゆる「家族葬」のお手伝いを行っていますので、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

家族葬とは

「家族葬」とは、一般的には家族やごく親しい親族だけで行うご葬儀の事を指しますが、実はそれ以外に明確な定義があるわけではありません。
「家族葬だから知人は呼んではいけない」、「家族葬だから簡素に行わなければならない」といった決まりはありません。家族葬でも、故人様と親しかった知人や近所の方には来て頂いて問題ありませんし、家族葬だからこそ「故人様のためのご葬儀づくり」に専念し、その方らしいこだわったデザインの生花祭壇や、骨壺、お棺を選ばれるお客様もたくさんいらっしゃいます。もちろん、お通夜・葬儀告別式を行い、お寺様に読経供養して頂く方も多くいます。

「家族葬」=「簡素なご葬儀」と思われる方が多くいらっしゃいますが、それは誤解です。「家族葬プラン」といったご葬儀形式は、葬儀社がその会社の定義で作り上げた内容ですので、各社により含まれる内容や流れは様々です。

家族葬の唯一の定義といえるのは、「家族を中心とした人達だけで行うご葬儀」という「参列する人」に関する事だけですので、家族葬でも祭壇のしつらえや演出にこだわったご葬儀も多く行われています。もし、「簡素なご葬儀」をイメージされている場合は、「家族葬」ではなく「火葬式」「直葬」「お別れ式」と呼ばれている形式の方が近いかもしれません。

家族葬はこんな方におすすめ

「家族葬」はこういった方にお勧めです。

  • 家族だけで故人様をゆっくりと見送りたい。

    会葬者に気兼ねせず、
    家族だけで故人様をゆっくりと見送りたい。

  • 家族以外に会葬者する人がいない。

    故人様が高齢の為、
    家族以外に会葬者する人がいない。

  • 故人様の訃報をすぐに公にできない。

    故人様が著名人であるなど事情があり、
    故人様の訃報をすぐに公にできない。

なお、家族葬のメリットやデメリット(注意点)については後述します。

家族葬のメリット

家族葬のメリットは次の3点があげられます。

  • 1

    会葬者に気兼ねせず、
    家族だけでゆっくりと
    最期の時間を過ごせる。

    会葬者が参列する場合、家族は会葬者の対応も行わなければなりません。家族葬であれば、ご葬儀を行っている間にそういった弔問者の対応をする必要が無いので、故人様とのお別れに集中する事ができます。
  • 2

    会葬者に気兼ねせず、
    故人様らしい
    ご葬儀がしやすい。

    会葬者が参列する場合、どうしても体裁が気になり「普通のご葬儀」となるようにご葬儀内容を選びがちですが、家族だけのお別れなら、故人様が好きだったものをふんだんに取り入れ、形式にこだわらずに「故人様が喜んでくれるご葬儀」を行いやすいというメリットがあります。
  • 3

    ご葬儀の会場使用料金を
    軽減しやすい。

    会葬者が参列しないという事は、ご葬儀に参列する人数が減るという事です。参列する人数が少なければ、ご葬儀で使用する会場(式場)も小さくて済みます。一般的に、会場の大きさが小さい方が「使用料」が安価で済みますので、会場の使用料金を軽減しやすいのもメリットといえます。

サン・ライフの家族葬の安心ポイント

サン・ライフの「家族葬」の安心ポイントは次の3点があげられます。

  • 1

    神奈川、西東京エリアで
    年間6,000件を超える
    ご葬儀施行実績

    サン・ライフは創業85年を超える信頼で、年間6,000件を超えるご葬儀依頼を承っています。どのようなご要望にも対応できる経験と知識、実績があります。
  • 2

    神奈川、西東京エリアに
    35を超える
    直営斎場を展開

    サン・ライフは神奈川、西東京エリアに35を超える直営斎場を展開しており、そのすべてに家族葬専用式場と個室タイプのご安置室(霊安室)を完備しております。家族葬を行うのに最適な環境が整っています。
  • 3

    ご葬儀のプロフェッショナル1級葬祭ディレクター100名超在席

    サン・ライフには、厚生労働省認定の葬祭ディレクター1級資格保有者が100名以上在籍しており、ご葬儀のプロが皆様のご葬儀を行う際の担当スタッフとして、お客様のご要望にあわせたプランニングから当日の進行までお手伝いさせて頂きます。

家族葬で注意したいポイント

家族葬のメリットは紹介しましたが、
逆に注意したいポイント(家族葬のデメリット)についてご紹介します。

後日、弔問者がバラバラと訪れていつまでも
気が休まらない可能性がある。

家族葬で行った際によくありがちなのは、ご葬儀の際に弔問できなかった故人様の知人やご近所の方などがご葬儀後にバラバラと弔問に来たり、後からお悔やみの供物や香典を送ってくるため、その対応が長期間におよびいつまでも気が休まらないという話があります。
こういった事を防ぐには、故人様のご葬儀に参列したいと思う会葬者が一定以上見込まれる場合には、家族葬で行わずに一般の会葬者を迎えて行う事で、弔問客の対応をご葬儀日だけで終える事ができます。
「一般会葬者を迎えると、会葬者の対応でゆっくりと見送りができないのでは…」と心配されるかもしれませんが、昨今では一般会葬者はお通夜式だけに参列するケースが大半ですので、翌日の葬儀・告別式は家族葬のように近しい家族・親族だけでゆっくりとお別れができます。残される遺族の負担を減らすためには、故人様の生前の交友関係を踏まえたご葬儀形式の選択が必要といえます。

家族葬と一般葬ではさほどご葬儀にかかる費用負担が
変わらない可能性がある。

「家族葬」のメリットとして、会場に使用料を軽減しやすいという事を前述しましたが、実はそれ以外の費用負担に関してはあまり変わりません。「家族葬」の場合、会葬者の為に用意する「返礼品(香典返し)」や「料理」が減るので、一見ご葬儀の見積り金額は減りますが、その一方で会葬者から頂く「お香典収入」も減少します。もともと、会葬者の人数に応じて変動する「返礼品」「料理」といった費用は「お香典収入」でまかなえる部分ですので、遺族の費用負担は「家族葬」でも「一般葬」でもあまり差は出ないのです。

また、「家族葬」であってもご葬儀で必ず必要となる基本的な葬祭備品(棺、骨壺など)を無くす事は出来ないので、これらの商品のランクを最低限にしても、大きな金額の減少にならない場合があります。「家族葬にしたらご葬儀費用を抑えられる」と考えている方は、注意が必要です。

サン・ライフの家族葬の流れ

>>サン・ライフの家族葬の流れ

「家族葬」の流れについてご案内します。
なお、「家族葬」と「一般葬」の流れに大きな違いはありません。
基本的には、会葬者への対応が必要か必要でないかの違いだけです。

式当日まで

逝去されたら、葬儀社へ連絡をして故人様のお体の搬送とご葬儀の依頼をします。病院で逝去された場合、ご葬儀までの間故人様にお休み頂く場所として、ご自宅や葬儀社の安置室(霊安室)へ搬送しご安置します。また、臨終に立ち会った医師や遺体を検案した医師に「死亡診断書(死体検案書)」を発行してもらいます。その後、葬儀社とご葬儀内容の打合せを行います。

>>儀式の流れと相場を解説

お通夜式当日

一般葬であれば、参列者用の受付を設けて対応をしますが、家族葬の場合は特に受付けを設けずにお香典のやり取りも直接家族・親族同士が行うケースが多いようです。
お通夜式が開式すると、僧侶による読経が行われます。しばらくすると遺族の焼香が行われ、お通夜式が終わると、通夜振る舞いの会場(会食場もしくは清め所という)へ案内されるので、故人様を偲びながら供養の気持ちを込めてお食事を頂きます。
その後、夜通し故人様に付き添われる遺族は、泊まり込んでお通夜の夜を故人様と共に過ごします。もともとは自宅で夜通し故人様に近しい人達で火を絶やさないように寄り添って過ごす事が一般的でしたが、最近ではご葬儀を葬儀社の式場で行う事が一般的になり、泊まり込んで付き添う方も限られてきているようです。

ご葬儀日当日

お通夜同様に、一般葬であれば参列者用の受付を設けて対応をしますが、家族葬の場合は特に受付けを設けずにお香典のやり取りも直接家族・親族同士が行うケースが多いようです。
開式すると、お通夜式と同様に僧侶の読経が行われ、しばらくすると遺族の焼香が行われます。式が終わると、お棺の中にお花を入れ、故人様と最期のお別れを行います。お別れ後、お棺の蓋を閉めて釘で止める「釘打ち」を行います。
その後、お棺を霊柩車に載せ、火葬場へ向かいます。葬儀場からお棺をのせた霊柩車が火葬場へ向けて出発する事を「出棺」と言います。故人様の火葬が終わるまで軽食などを食べながら待ち、火葬が終わると、近しい遺族の方から順番に遺骨を拾いお骨壺に納めます(収骨)。
その後、葬儀場へ戻り繰り上げ初七日法要を行った後、忌中払い(精進落とし)と呼ばれる食事を食べ、解散となります。

サン・ライフの家族葬の費用

サン・ライフの家族葬の費用

サン・ライフの家族葬プラン

会員 価格366,300円(税込)〜

※R20コース(20万円コース)の場合

一般価格:600,600円(税込)

ご家族やごく親しい友人の方など近親者のみでお見送りするプラン。アットホームな温かい雰囲気でお別れができます。

感染症予防のための新サービス

追悼ムービーでの事後告知サポート

※料金プランは一例です。ご予算やご要望に応じてお見積りを
させていただきますので、どんな些細なことでもお問合せください。

サン・ライフの家族葬の
こだわりサービス

サン・ライフの家族葬では、こういったこだわりサービスを行っております。

  • 故人様の思い出の場所経由

    イメージ 病院から葬儀場の霊安室まで、または、ご自宅からご葬儀会場となる葬儀場まで故人様を車で移動させて頂く道のりで、故人様の思い出の場所へ立ち寄る
  • お料理

    イメージ 故人様のお好きだったメニューを供養膳としてお通夜振る舞いや忌中払いのお料理としてご用意をする。
  • 故人様らしいご葬儀の提案

    イメージ 故人様らしいご葬儀を行うため、生前の御趣味や経歴から想い出の品を式場内に飾ったり、故人様らしい祭壇設営や式場内のコーディネートをする。

※プラン内には含まれておりません。

上記はあくまで一例ですが、お客様のご事情や希望にあわせた「想いをかたちにするサービス提案」をサン・ライフでは行っております。

※画像はすべてイメージです。

家族葬におけるよくある質問

家族葬とはどんな葬儀ですか?
家族葬のメリットは何ですか?

家族葬のメリットは次の3点があげられます。

(1)会葬者に気兼ねせず、家族だけでゆっくりと最期の時間を過ごせる。
会葬者が参列する場合、家族は会葬者の対応も行わなければなりません。家族葬であれば、ご葬儀を行っている間にそういった弔問者の対応をする必要が無いので、故人様とのお別れに集中する事ができます。

(2)会葬者に気兼ねせず、故人様らしいご葬儀がしやすい。
会葬者が参列する場合、どうしても体裁が気になり「普通のご葬儀」となるようにご葬儀内容を選びがちですが、家族だけのお別れなら、故人様が好きだったものをふんだんに取り入れ、形式にこだわらずに「故人様が喜んでくれるご葬儀」を行いやすいというメリットがあります。

(3)ご葬儀の会場使用料金を軽減しやすい。
会葬者が参列しないという事は、ご葬儀に参列する人数が減るという事です。参列する人数が少なければ、ご葬儀で使用する会場(式場)も小さくて済みます。一般的に、会場の大きさが小さい方が「使用料」が安価で済みますので、会場の使用料金を軽減しやすいのもメリットといえます。

家族葬のデメリットは何ですか?

家族葬のデメリットは大きく2つ挙げられます。

(1)後日、弔問者がバラバラと訪れていつまでも気が休まらない可能性がある。
家族葬で行った際によくありがちなのは、ご葬儀の際に弔問できなかった故人様の知人やご近所の方などがご葬儀後にバラバラと弔問に来たり、後からお悔やみの供物や香典を送ってくるため、その対応が長期間におよびいつまでも気が休まらないという話があります。

(2)家族葬と一般葬ではさほどご葬儀にかかる費用負担が変わらない可能性がある。
「家族葬」のメリットとして、会場に使用料を軽減しやすいという事を前述しましたが、実はそれ以外の費用負担に関してはあまり変わりません。「家族葬」の場合、会葬者の為に用意する「返礼品(香典返し)」や「料理」が減るので、一見ご葬儀の見積り金額は減りますが、その一方で会葬者から頂く「お香典収入」も減少します。もともと、会葬者の人数に応じて変動する「返礼品」「料理」といった費用は「お香典収入」でまかなえる部分ですので、遺族の費用負担は「家族葬」でも「一般葬」でもあまり差は出ないのです。
また、「家族葬」であってもご葬儀で必ず必要となる基本的な葬祭備品(棺、骨壺など)を無くす事は出来ないので、これらの商品のランクを最低限にしても、大きな金額の減少にならない場合があります。「家族葬にしたらご葬儀費用を抑えられる」と考えている方は、注意が必要です。

家族葬にかかる費用はいくらですか?

サン・ライフの「家族葬プラン」は、次の通りとなっています。
こちらはあくまで参考となるプランですので、お客様のご希望に応じて内容の変更が可能です。

サン・ライフの家族葬プラン

サン・ライフの家族葬プラン

会員 価格366,300円(税込)〜

※R20コース(20万円コース)の場合

一般価格:600,600円(税込)

ご家族やごく親しい友人の方など近親者のみでお見送りするプラン。アットホームな温かい雰囲気でお別れができます。

家族葬はどこでできますか?

人数的に問題のない大きさの式場があれば、どの会場でも家族葬は可能です。サン・ライフの家族葬にお勧めの斎場はこちらからご確認ください。

家族葬を実施する際のマナーはありますか?

家族葬の場合に特に遺族側として気を付けるべきマナーは、「家族葬で行う事をどのように関係者へ伝えるか」です。 家族葬でも、訃報(ふほう)の連絡方法は一般葬と同じです。関係各所へ葬儀の日程や場所などを伝えます。但し、この際に「近親者だけの家族葬で行うため会葬を遠慮して欲しい」という事をあわせて伝えましょう。そうしておかないと、一般の弔問客が来てしまい、思わぬ対応をしなければならなくなってしまいます。
家族葬だからといって「亡くなった事を家族以外に伝えなくて良い」という事はありません。むしろ、ご葬儀に参列して頂かないからこそ、訃報の連絡はきちんとする事がマナーと言えます。
詳しくはこちらをご確認ください

家族葬に参列する際のマナーはありますか?

家族葬に参列するという事は、自身と亡くなった方と近しい関係である事が想定されますので、故人様の家族・親戚・親しい知人といった立場になるかと思います。ただ、家族葬と通常の会葬者を迎えて行うご葬儀(一般葬)で参列する際のマナーに違いはありません。詳しくはこちらをご確認ください

式場の選び方

家族葬の場合、参列する親族・近親者の人数にもよりますが、一般的には人数が20名前後になる事が多いと思いますので、比較的小さめの式場でちょうど良いでしょう。もちろん、家族葬といっても参列人数はそのご家族により異なりますので、一概には言えません。

式場を選ぶ際には、まず参列する人数に適した大きさか、そして参列する親族・近親者が居心地よく過ごせる環境であるかを確認しましょう。例えば、待合いスペースや控室はあるのか、遠方から来る親戚の為の宿泊場所や、足の不自由な親戚の為の車椅子用トイレはあるのか等、実際に参列される方々を想像して選ぶと良いでしょう。

サン・ライフには家族葬に最適な式場と充実した設備を完備した直営施設が神奈川・東京エリアに35施設ありますので、参考にして頂ければ幸いです。
サン・ライフが選ばれる理由

家族葬に参列する際のマナー

家族葬に参列するという事は、自身と亡くなった方と近しい関係である事が想定されますので、故人様の家族・親戚・親しい知人といった立場になるかと思います。ただ、家族葬と通常の会葬者を迎えて行うご葬儀(一般葬)で参列する際のマナーに違いはありません。

(1)服装

お通夜や葬儀・告別式に参列する際は、喪服を着用するのが一般的です。喪服がない場合、男性はダークスーツに白いワイシャツ、黒ネクタイ。女性の場合もダークスーツ、または黒く肌の露出が少ない落ち着いた服装にすると良いでしょう。ストッキングは黒、靴も黒く光沢や装飾がないものを選びます。アクセサリーも、着用する場合は涙を表すといわれる真珠のイヤリングや一連のネックレスが一般的です(二連以上のネックレスは不幸を重ねる事を連想させるため避ける)。また、「殺生」を連想させる革製・毛皮の物を身に付けるのは避けましょう。ハンカチも出来れば白の無地、無ければ落ち着いた色の物を選びます。数珠は宗派により形状が異なりますが、自身が持っているものを使用すれば大丈夫です。

(2)忌み言葉

ご葬儀の際に避けた方が良い「忌み言葉」というものがあります。これは、不幸が重なる事を連想されるという事から、繰り返したり、連続する事を連想する言葉を指します。

例:「次々」「重ね重ね」「たびたび」「再び」「追って」など
また、「死ぬ」「生きていた頃」などの直接的な言い回しは避け、「逝去」「生前、お元気だった頃」といった表現をしましょう。
この他、宗教によって使用しない言葉もあります。例えば、「ご愁傷様です」「ご冥福をお祈りします」といった用語は、キリスト教では使用しません。宗教の考え方によってかけるべきお悔やみの言葉も変わってきますので、参列する際には注意しましょう。

(3)立ち振る舞いについて

参列者として弔問に伺う場合、故人様に近しい遺族の心情や体調に気遣った立ち振る舞いを第一に心掛けます。大切な家族を亡くし、心身共に疲弊している中で慌ただしくご葬儀を営む遺族にとって、長時間の弔問は負担となります。お悔やみの言葉は出来るだけ端的に伝え、遺族の負担にならないようにしましょう。

服装や言葉遣い(忌み言葉)、立ち振る舞いなどの詳細についてはこちらをご覧ください。

家族葬での遺族側のマナー

遺族においても、服装や立ち振る舞いに関するマナーは参列者と変わりありません。家族葬の場合に特に遺族側として気を付けるべきマナーは、「家族葬で行う事をどのように関係者へ伝えるか」です。

家族葬といっても、親族・近親者だけしか参列してはいけないという決まりがあるわけではありません。故人様と親しかった方などに参列して頂く事に問題はありませんし、むしろ故人様と直接ご縁のあった方はお呼びした方が良いでしょう。

家族葬でも、訃報(ふほう)の連絡方法は一般葬と同じです。関係各所へ葬儀の日程や場所などを伝えます。但し、この際に「近親者だけの家族葬で行うため会葬を遠慮して欲しい」という事をあわせて伝えましょう。そうしておかないと、一般の弔問客が来てしまい、思わぬ対応をしなければならなくなってしまいます。
または、ご葬儀の際にはあえて訃報を伝えず、ご葬儀終了後に家族葬で行った旨を関係者には伝えるという方法もあります。但し、この場合は関係者が何らかの事情でこちらから連絡する前に訃報を知ってしまった場合、失礼に感じられてしまう可能性がありますので注意が必要です。

いずれにしても、家族葬だからといって「亡くなった事を家族以外に伝えなくて良い」という事はありません。むしろ、ご葬儀に参列して頂かないからこそ、訃報の連絡はきちんとする事がマナーと言えます。

家族葬に最適な施設のご案内

家族葬に関するブログページ

葬儀場を探す

サン・ライフでご利用いただけます、上記以外の家族葬ホールを地図からお探しいただけます。

通話無料/相談無料/事前特典 
何でもご相談を承ります
お急ぎの方 / お見積もり / ご相談 / 資料請求
0120-31-4088
24時間
365日受付
サポートスタッフが皆様のご不安に対応させて頂きます。
事前相談特典
  • 施設ご安置料1日分無料
  • お別れ用生花1万円相当無料
  • 他、ご遺影アートレート作成など

(※上記特典より一つを選択)

資料請求はこちら

サン・ライフの
斎場・葬儀場について

サン・ライフの各葬儀プラン