神奈川・東京エリアにお住いの皆様へ
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。
スタップ
24時間365日いつでも安心

0120-31-4088

  • お急ぎの方
  • ご相談のみも可

お客様の声 サン・ライフでしかできないご葬儀があります。

事前相談スタッフ家族葬
2021.03.26

母と父、それぞれの送り方

 父は路線バスの運転手を38年間勤めあげ、定年後も生きがい事業団に参加して庭木の剪定を手伝うなど、地域に根付いた日々を送っていました。仕事の傍らで趣味の釣りを楽しみ、釣り上げた魚をさばいては家族へ振舞ってくれました。長年の職業柄か、車の運転が好きで、定年後は北海道や東北地方、山陰・九州方面へ遠出し、母と二人で事前に宿泊先も決めない気ままな旅行へ出掛けたりもしていました。

 

 昨年2月に母が急逝し、最愛のパートナーを見送った父は、その2ヵ月後に体調の異変を訴え、主治医に診ていただいたところステージ4のガンの宣告を受けました。その後、入退院を繰り返しながらも懸命の治療に努めましたが、昨年12月に78年間の生涯を閉じました。私自身、1年の間に両親を続けて見送ることになるとは予想もしていませんでした。

 

 サン・ライフのことは普段から目にしている地域紙の広告で知っていました。母を見送る際には他社の葬儀社へ相談に行きましたが、相談対応の良さが決め手となり、サン・ライフへお願いすることにしました。担当スタッフの眞壁さんは、突然母を失った私たち家族に優しく寄り添い、心を尽くした式進行に徹してくれました。生け花の師範だった母らしく、祭壇の周囲をお花畑のように装飾してくれ、生前の綺麗なままの姿を取り戻すエンバーミングも施してくれましたので、母もきっと喜んでくれたと思います。

 

 母の葬儀後も、父の葬儀のことでスタッフの根本さんには親身に相談に応じていただきました。父が亡くなったことを根本さんへ連絡すると、すぐに迎えのスタッフが駆けつけてくれ、自宅へ大切に安置してくれました。その際、死亡届の書き方なども丁寧に教えてくれ、とても助かりました。母の葬儀に引き続き、父の葬儀も眞壁さんがお見積りや式進行を担当してくれると知ったときは、とても心強く、安心することができました。

 

 「派手な葬儀ではなくシンプルに行ってほしい」との父の遺志に沿い、コロナ禍という状況でもありましたので、家族・親族を中心にしたシンプルな葬儀を依頼しましたが、眞壁さんやスタッフの皆さんはこちらの想定以上の提案を次々に実現してくれました。中でも印象深かったのは、父の好物だった「うな重」をホール内で用意する機会を設けてくれたことです。霊前には私たちが調理した温かい「うな重」と持参した卵焼き、家族でよく食べていた思い出の詰まったシウマイ弁当が供えられ、父もきっと満足してくれたことでしょう。そのほかにも式中に私がリクエストした竹内まりやの曲を終始流していただいたことや、火葬場へ向かう途中で父の勤めていた職場へ寄ることができたことに感謝しております。父への感謝の気持ちをつづったオリジナルの会葬礼状は、当日参列できなかった皆様への後日の報告にも役立ちました。コロナ禍で会食はできませんでしたが、会食の代わりにおもてなし料理として用意した「お持ち帰り膳」は親族に好評でした。

 

 母に引き続き、父の見送りにも立ち会ってくれた眞壁さん、親身に相談に乗ってくれた根本さんには特に感謝しています。本当にありがとうございました。

神奈川県平塚市在住 会田 宏一様
一覧へ戻る

サン・ライフの
斎場・葬儀場について