神奈川・東京エリアにお住いの皆様へ
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。
スタップ
24時間365日いつでも安心

0120-41-3140

  • お急ぎの方
  • ご相談のみも可
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。

お客様の声 サン・ライフでしかできないご葬儀があります。

スタッフ家族葬
2014.11.20

母の旅立ち

母の旅立ち

 認知症が進んで食事もとれず、点滴だけの生活が続いた母。病院の医師からは「心の準備をしておくように」と非情な宣告を言い渡され、不安な気持ちで押しつぶされてしまいそうだった。

 親はいつまでも生きていると信じたい。しかし、現実に母の死は訪れ、自分が最期の看取りをした。葬儀の段取りのことなど、知る由もないまま。

 葬儀の形式は、母と関わりの深い方を呼んで行う家族葬にした。
 母と大変親密にしていた隣人に「家族葬は初めてだったけれど、とても良いお式だったね」と言っていただけたことが嬉しかった。不安だらけの葬儀を滞りなく終えることができたのは、他でもないサン・ライフさんの親身なお世話のおかげだ。

 忘れられない思い出といえば、葬儀の段取りを担当していただいた女性スタッフの高瀬さん。納棺時の見事な振る舞いには、思わず目がくぎ付けになった。また、旅支度の作業には一つひとつにきちんとした意味があることも、優しい口調で教えてくださった。

 会場の平塚斎場も、最愛の母を見送るのにふさわしい場所だった。他の葬儀社では、安置の際に冷蔵庫のようなものに入れられてしまうそうだが、平塚斎場にはベッドが用意され、母もぐっすりと休めたのではないだろうか。思えば、母が尊敬していた方の葬儀も平塚斎場だった。不思議な縁が、私たち家族とサン・ライフさんを引き合わせてくれたのかもしれない。

 骨壺は「母のイメージに合うかな」と兄と相談し、スズラン柄のデザインを選んだ。すでに納骨は済んでいるが、折に触れてあのスズランが目に浮かぶ。多くの方に支えられて母を見送った、平塚斎場の光景とともに…。

神奈川県平塚市在住 花井様
一覧へ戻る