神奈川・東京エリアにお住いの皆様へ
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。
スタップ
24時間365日いつでも安心

0120-41-3140

  • お急ぎの方
  • ご相談のみも可
株式会社サン・ライフは安心のご葬儀・お葬式・家族葬をお手伝いいたします。

うす墨と濃墨 ~ 大切なのは想い ~

2016.03.01 小田原式典総合ホール

こんにちは。小田原式典総合ホールの金子 理紗です。
梅や水仙が咲きはじめ、の訪れが感じられる季節となりましたが、
さま いかがお過ごしでしょうか。

さて今回は、お香典袋の表書きについて触れてみたいと思います。

皆さまは、不祝儀袋の記名などに“濃い色の文字=濃墨”で書くのは、
なんとなく気が引けるとお考えの方も多くいらっしゃると思います。
実は、ご祝儀袋に”うす墨”はマナー違反ですが、
不祝儀袋に“濃墨”はマナー違反ではありません。

不祝儀袋に”うす墨”の考えは、
「涙で墨が薄くなってしまったから」
「墨を磨る間も惜しんで、慌てて駆け付けたから」
など、諸説あり、それがあまりにも一般化したことで
“うす墨”でなくてはならないといった感覚になっていますので
“うす墨”で書くのが無難といえるかもしれません。

ただ”濃墨”で書くことはマナー違反というわけではありませんし、
『心を込めて丁寧に墨を磨り、想いを込めて書いた』という解釈となります。
また、市販のものは濃墨色で印刷されているものがほとんどですので、
その文字に合わせるといった考えもあるそうです。

大切なことは、そこに込められた“想い”なのではないかと思います。
私たちも、そうした会葬にいらっしゃる方々の“想い”
故人様やご家族様の“想い”
たくさんの“想い”と真摯に向き合い
ご葬儀のお手伝いをしてまいります。

小田原式典総合ホールの3月の予定は、
全体見学会3月19日(土)10:00より
個別相談会3月 9日(水)10:00・13:00より
となっております。
個別相談あるいは全体説明、お越しになりやすい方にいかがでしょうか。
お待ちいたしております。

小田原式典総合ホールの詳細・お問い合わせはこちらから≫≫

odawara150802-3.jpgのサムネイル画像
小田原式典総合ホール副支配人 金子理紗
一覧へ戻る